腰掛キックでの気づき

最近プールに行くと、最初に行うのが腰掛キックです。

腰掛キックを行ってる場所は、フリーコースの
奥の端なんだけど、会員制クラブの為、フリーコースには
顔見知りばかり、私の腰掛キックを歩きながら見て
何やってるのとかいつも頑張ってるねとか
声を掛けてくれるので、本当はちょっと恥ずかしいんです。

だけどプールに行くと15分は行う腰掛キック

恥ずかしいけど、やり続けていられるのは
足は軽くそろえ、力を抜いてまっすぐ伸ばして
軽く内またにし、親指同士が少し触れるぐらい
足の甲で水を蹴り上げ、力を抜くように心掛け
実際に力を入れて動かすところは太ももって思いながら
足の付け根から大きく連続で腰掛キックを行っていると
足の甲や足の裏に水の重さ感じるようになったからです。


正確なキックが身につけば、推進力のあるキックや
身体を浮かせるキックが打てると気付いたからです。


何で気付いたって言うと

あえて足を開き気味にして見たり、膝を曲げ気味に
キックすると、足の甲や裏に感じた水の重みが
全く感じられなくてスカスカに感じたからなんです。


(イラストはイラストやさんから頂きました。)

chouonpa_iruka.png

気づきって本当に大切な事だと思いました。
効果があると身体で感じられれば恥ずかしくても
やり続ける事が出来るからねっ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

P.S

先月、先着順で遅れて取れなかったプレミアムスイムの予約だけど
今月の予約開始日の朝一番に行ったら予約取れました。
来月の予約で第三土曜日に予約したので、あと1ヶ月半後です。
それまでに腰掛キック完璧にマスターして、背浮きの状態でも
正確なキックが打てるように練習して、推進力upと
下半身を浮かせるキックが出来ているか確認してもらいたいと思っています。

またクロールでは左肩も大きく回せられるローリングや
S字プルとプッシュ、バタフライではグライドでの伸びの
確認とキャッチ、平泳ぎでは足の平とふくらはぎでのキック
背泳ぎではもう一つの指摘のリカバリーでの腕の内側への
曲がりなども確認して貰おうと思っています。
平泳ぎのキックは股関節の柔軟性が無いので、いまだ
雲を掴むような感じってちょっと諦めムードが勝っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年12月04日 20:30
チョッとしたことに気付くと大きな改善につながることもありますからねぇ。
てっちゃん
2019年12月05日 07:33
nas-nasさんコメントありがとうございます。
腰掛キックやる前までは、プールサイド座って
足をバタバタだなんて恥ずかしいって思っていたけど
足に水の重さ感じ始めた事から、大切な練習って
感じたのでプールに行くと必ず行っています。
スイングおじさん
2019年12月05日 21:38
足の甲や足の裏に水の重さを感じれた、、、。
確実に何かをつかんだ感じですね!
てっちゃん
2019年12月06日 08:07
スイングおじさんさんコメントありがとうございます。
そうなんです。基本に忠実に足を動かすと、足の
甲や平に水の重さ感じるようになったんです。
逆に基本から外れてキックするとスカスカに感じたから
正確にキックしないと全く無意味なキックなんだなって
気が付くことが出来たので良かったって思っています。
泳ぎの中で自然に腰掛キックと同じキックが出来るよう
身体にしっかり刻み付けたいって思って練習しています。