膝や腰が痛くなるのも歳のせい?

ここ数年、整形外科や整骨院にお世話になる年代です

3年前位の寒い時期に、階段を昇る時の膝に掛かる
負担で、膝関節に痛み感じてびっくりしてスポーツ整形外科に
駆け込んだのが最近の事です。

MRIで膝関節のレントゲンを撮って膝関節の骨や軟骨には
異常は見当たらないって事で、膝関節の周りにある
筋力トレーニングを薦められ、トレーニングを続けていたら
次第に膝関節の痛み解消されたんです。

そして今回は腰に痛み感じて整形外科や整骨院に行きました。
クルマ運転していてバックする時、後ろ振り向いただけで
痛みを感じたので、びっくりしてレントゲンを撮ったんだけど
直接的な異常は骨には見当たらないって事で
トリガーポイント注射や電気治療、湿布などで整形外科に通って
現在は違和感は感じるんだけど痛みは解消されたって状況です。

腰が痛かった時は本当に不安になりました。
このまま普段の生活に支障を抱えたまま、生活して行く事になるのか
とか、水泳のバタフライや平泳ぎが間接的な要因ではないのかとか
ネガティブな気持ちばかりに陥ったって感じだったんです。


腰が痛いって駆け込んだ整形外科でも、我儘を言って
身体を安静にして治していくのでななくて、今までの7割程度位
身体を動かしながら治していきたいって訴えたら
我儘な患者だな!って言いながら治療に応じてくれました。

整骨院でも身体を動かしながら改善して行きたいってって訴えたら
整骨院ではある程度身体を動かしながら改善していくのが
好ましいって言ってくれて現在に至っています。

整骨院では身体の筋力の左右差のアンバランスで
腰に痛みが出ているとか、膝などを自然にかばってる結果
腰に痛みが来ているのとか、ジムでのスタジオトレーニングの
ヨガとかボールストレッチのインストラクターが口癖のように
言っている事を整骨院の先生も言っていて、身体の左右差の
改善のため現在は通う頻度は減ったんだけど今でも週1回通って治療しています。

また家でもヨガマットやストレッチポールで
身体の使い方の癖などから、身体の左右差が生じているのを
ストレッチポールに乗って軸を意識したり、以前からあった
グリットローラーで硬くなった筋膜、筋肉を暇を見つけて
リリースなどをして腰の違和感と向き合っています。

画像

この記事へのコメント

2019年06月17日 20:35
最近、あたくしも何故か腰が痛くて悩んでいます。考えてみれば上半身数十キロを支えているんだから、負担掛かりますよね。
2019年06月17日 21:03
私も腰、肩、首、膝などが時々痛みますが動きに支障をきたすほどの痛みではないので、なるべく負担のかかるような動きはしないようにしています。歳をとると色んな所が悪くなってきますが無理をしないようにするしかありませんね。
やなぼー
2019年06月18日 06:29
私は、「目」ですね~(>_<)
小さい字は、最近、ドットにしか見えません(爆)
f^_^;)
てっちゃん
2019年06月18日 07:22
nas-nasさんコメントありがとうございます。
腰は上半身を支えるから常に負荷が
掛かってるから歳を重ねるごとに
ケアする事が必要って感じています。
てっちゃん
2019年06月18日 07:26
スイングおじさんさんコメントありがとうございます。
関節の曲げるとか伸ばすって機能は屈伸して
いないと退化してしまうって聞いているので
私は出来るだけ動かすように努力しています。
長く座ってると脚が固まる現象も年齢と共に
増しているのも事実です。
てっちゃん
2019年06月18日 07:30
やなぼーさんコメントありがとうございます。
私も目は40代になった頃に気になったんですが
幸いにもそれから老眼は進んでいないんです。
身体の機能が衰えているのを実感してみると
若い身体取り戻したいって思います。
2019年06月23日 14:49
もしよければ私の2017年3月5日の腰痛予防ブログでも覗いてみてください。ただし、病気が原因の腰痛には効果がないので、その点はご了承ください。

てっちゃん
2019年06月23日 16:40
一つの石さんコメントありがとうございます。
私一つの石さんのblogの2017年3月5日の
記事にコメント残していました。
もう3年以上にかけて腰痛気にしているって
事でした。もう一度3秒でできる腰痛運動
毎日実践してみたいと思います。

この記事へのトラックバック