クルマと身体のアンチエージング

アクセスカウンタ

zoom RSS ピラティスは身体のお勉強!

<<   作成日時 : 2018/04/05 08:45   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

背泳ぎのタイムが、伸びていかない状況が
暫く続いていて、その状況から脱却する為にと
肩関節のストレッチと、スタジオトレーニングの
ピラティスを、トレーニングに取り入れています。

ピラティスの先生が、ピラティスは身体の
お勉強
もしながら、運動していきましょうと
お話がありました。

そのお話で肩甲骨が開いていて腕は真っ直ぐに
上がらない骨の構造になっていて、肩甲骨を
丸める動きが加わって、腕が耳に着くようになる
骨の構造になっているって話にはっとしました。


背泳ぎのタイムが伸びていかないのは
肩関節が固いからって思って、肩関節の
柔軟運動をやっていましたが
腕が真っ直ぐ耳の横に上がらないのは
肩甲骨がちゃんと動いていなかったのも要因の一つ

にあるとピラティスの運動の中で勉強した事でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ん〜、難しい話は分かりませんが、身体のいろんな機能がタイムアップにつながるのかな?
nas-nas
2018/04/05 20:32
nas-nasさんコメントありがとうございます。
水泳は浮くこと、水の抵抗を減らすこと
推進力をだすことが泳ぐ基本だと思っています。
腕が真っ直ぐ伸びないのは水の抵抗が増えて
しまうのでどうしたら真っ直ぐ伸びるように
なるのか考えて練習しています。
てっちゃん
2018/04/06 06:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピラティスは身体のお勉強! クルマと身体のアンチエージング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる