クルマと身体のアンチエージング

アクセスカウンタ

zoom RSS 視線と泳ぎの安定

<<   作成日時 : 2017/09/27 07:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ローリングやグライド、そしてサイド呼吸を意識して
泳いでいると、ローリングの角度やグライドする時の
手の位置など、安定しないと感じています。

ローリングやグライド、そしてサイド呼吸にしても
まだ初心者の領域だから、安定しないが当然って
思うんだけど、果たしてそれだけか・・・。


クロール泳いでいて、私は呼吸終わった後
素早く頭を水面に、戻すようにしています。

それは呼吸することで、ストリームラインが崩れるのを
極力抑えるためなんです。

その呼吸をした時、頭を素早く水面に戻すとき
視線は上目使いで、前を見ているかって思うと
頭を水面に戻す意識が強くて、視線は上目使いで
前を見ていなかったと思います。

ローリングやグライドの、姿勢が安定しないのは
もしかしてサイド呼吸の時、視線が安定しないのが
影響しているのではないかと、ふと思いました。


私は昔、バイク乗っていました。
コーナリングの時、頭は地面に対して
直角にするが基本なんですね。

またバレリーナや、フィギャースケートの選手は
くるくる回転しても、目が回らないかと言うと
回転してるときも一点を見つめる
訓練をしているからだそうです。


視覚というのは大変重要で、片足立ちで膝を上げて
難なく立てる人でも、目を閉じて同じことをすると
ふらついてしまうのが普通です。

これは、視覚情報を遮断すると、その他の感覚だけで
で立っているのが、困難になることなんです。


話はそれましたが、視線って言うか目線は
姿勢のバランスを保つには、大切な役目と思うと
サイド呼吸のたびに視線が、無意識になっている
現状から、サイド呼吸した時も、目線は上目使いで
前を見るように心掛けたいと思いました。

それで、ローリングの角度やグライドする時の
手の位置など、安定するだなんて、甘い考えは
持っていないけどねっ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
目線は大事だと思います。
呼吸した後、私は目線を素速く進行方向に向けますが、入水して来た手先を見ながら、目線を前にしています。
てっさんは、頭は素速く進行方向に行っていました、でも目線が一度下に向いていました。てっさんは4ヶ月の経験で、目線まで気を付けようとしている事が、凄いと思います。
ローリングが甘いのは、ストレートプルをやっていますよね、キャッチから入水まで、腕、肘が真っ直ぐのが、気になります。フィニッシュする前は、肘が90度にして見たらどうですか?ローリングの角度が変わると思います。
今、何かが違うと思っているんでしたら、何かを変えないと、と思います。
よっしー
2017/09/27 20:38
よっしーさんコメントありがとうございます。
呼吸した後、上目使いで手を見るように
したいんだけど、頭を戻す意識が強くて
視線が外れてしまうんです。
プルはシンプルの方が覚えやすいと思って
ストレートプルから練習していたけど
そろそろ腕を90℃に曲げるハイエルボーの
プルを練習するじきなのかなって思っています。
この記事での私の迷いは、ローリングや
グライドが安定しないって事で、現状は
呼吸のたびにローリングの角度が変わるって
事をまず修正して行きたいと思っています。
てっちゃん
2017/09/28 06:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
視線と泳ぎの安定 クルマと身体のアンチエージング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる