クルマと身体のアンチエージング

アクセスカウンタ

zoom RSS ストレートアーム

<<   作成日時 : 2017/09/25 06:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

身体の力を抜いて(脱力を意識)ゆっくり
ストレートアームでクロールを泳いでみました。

ゆっくり泳ぐ事で、発見したことがあったんです。

右手はスムーズに回って、大きなストロークを
意識出来るから、後方に水を押す、フィニッシュを
水面まで掻いて、一瞬だけどストロークを止める
意識が出来るのに、左手はスムーズに、大きな
ストロークをする事が、出来ない事が気が付きました。

何でスムーズに、左手は大きなストロークだと
回らないんだろうと、身体を動かしてみると
左側はローリングが、ちゃんと出来ていないから
大きなストロークで回らないって、気が付いたんです。


ローリングは肩から、腕を上げる意識を持たないと
自然にできなくて、その時、胸は反ることが
なければ、反対側の肩はおのずと水面下に
沈まなきゃ、本当のローリングではないって
気が付いたんです。


チキンウィングって、ドリル見たことがあるんだけど
指先を肩に当てたまま、泳ぐ事で、腕の末端を
使えなくすることで、体幹を意識するってドリル
って事で、ローリングに共通するドリル
なんだなって思いました。

背中や肩甲骨、肘をうまく使わないと
回らないですよねっ
私はジムの、マット運動の柔軟で
毎日行っているから良く分かるんです。

チキンウイングってドリル、見たことあることと
マット運動で、肩の柔軟に取り入れているので
チキンウイングまで話は、発展しちゃったけど
ストレートアームでゆっくり大きなストロークが
出来ないのはローリングに原因があったって事を
新しく発見しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ゆっくりした泳ぎが出来るようになって良かったと思います。身体の使い方のチェックが出来ますよね。そこで、いろいろと発見出来て、大きな、大きな、収穫だと思いました。
成長したなあと思いました。
良いよ、良いよ、てっさん。
チキンウィングのドリルがあるの知っていましたが、ほとんどやった事がありませんでしが、最近、wコーチからアドバ
イスがあり、やり始めました。
私はストレートプルでは無く、ハイエルボーのストロークです。
てっさんも、チキンウィングの練習をやる事で、ストレートからハイエルボーになった時、受け入れ安いと思います。
また、平泳ぎのプルは、力を抜き、正しい、軌道をやる事が、進みは悪いですが、優先だと感じました。
よっしー
2017/09/25 07:01
よっしーさんコメントありがとうございます。
ふし浮きで足が、沈まなくなったので
この浮いた状態を維持して、推進力を
得るには、どのように腕や足を動かすって
思ったら、身体の脱力しかないと感じて
どう脱力するかって思ったら、まずはゆっくり
手足を動かしてみようと思って、ゆっくり
ストレートアームでプルしてみたら
気が付いたことが出てきたんです。
チキンウイングの練習はジムで行っています。
陸上で無理がある動きを、水中でやったら
身体の力が抜けるどころか、力が入りまくり
になってしまうのが目に見えています。
陸上でスムーズに肩が回るようになったら
いずれはハイエルボーのプルチャレンジしたい
と思っています。
平泳ぎも水の抵抗をいかに減らそうって
考えたいから進みは悪くなってもいいので
正しいプルが習得できるよう心がけます。
てっちゃん
2017/09/25 19:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストレートアーム クルマと身体のアンチエージング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる