クルマと身体のアンチエージング

アクセスカウンタ

zoom RSS 簡単スイミング 平泳ぎ

<<   作成日時 : 2017/09/17 07:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

キックの練習でした。
足の引き方は、腿が水の抵抗を少なく引くようにする
そして水を後ろに、押し出すように蹴るようにと
説明とお手本がありました。
足を引くときに腿が水の抵抗を受けると
説明があると平泳ぎの難しさ感じました。
前に行く推進力を足を引くことで止めてしまう。
平泳ぎは難しいですねっ。


プルの練習でした。
逆ハート型で胸の前に掻き込んでロケットのように
手を合わせるようにと説明とお手本がありました。
腕を大きく掻くと、腕も抵抗になると説明が
あったから、平泳ぎの推進力はプルよりも
キックって考えを変えなきゃいけないって思いました。


頭の入水のタイミングの練習でした。
プルして頭入水してから全身の水の抵抗が少ない状態で
キックが打つようにと説明とお手本がありました。
頭を入水してから一呼吸置いてキックするって
説明があって、頭が上がっていては大きな
水の抵抗があるって気が付きました。


スタートや折り返し後のひとかき目の練習でした。
ひとかきを脚のところまで持っていくことができると
説明とお手本がありました。
この説明は平泳ぎのルールを理解して、スタート後や
折り返しの後のひとかきすることでスピードが
あがるって事が理解できたと同時に、逆に
常にそのような手のかきを行うと泳法違反に
なってしまうのかな?って思いました。


平泳ぎって呼吸はしやすいし、ただ泳ぐだけなら
一番楽な泳ぎだと思っていたけど
水泳と言う競技として思うと、水との抵抗との
しのぎあいや、泳法での制約もルールにあって
大変な競技だと感じました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
平泳ぎは水の抵抗が大きいんですね。逆に言うと上手くやればタイムが改善しやすいのかな?
nas-nas
2017/09/17 19:18
nas-nasさんコメントありがとうございます。
平泳ぎって泳ぎの入門って感じで
泳ぎやすいんだけど、水泳って競技で
捉えると細かなルールがあって難しいです。
タイムで捉えるとやはり水との抵抗を
どう抑えるか、またキックの推進力と水の
抵抗との兼ね合いだと感じているので
平泳ぎは一番難しいと感じています。
てっちゃん
2017/09/18 06:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
簡単スイミング 平泳ぎ クルマと身体のアンチエージング/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる